鍵を失くしても慌てない【冷静な行動で危機を乗り切る】
鍵交換をして犯罪防止【技術力の高い業者を探す】
最新式の鍵を紹介します~鍵紛失の危険性を減らす~
子供に鍵を失くさない~意識改革の指導が大切~

子供の鍵紛失に対処する~親の取るべき行動はこれだ~

子供が自宅の鍵を失くしてしまった~最初にやっておくべきこと~

登下校中や遊びに行ったときなど、子供が鍵紛失をする機会は多くあります。しかし、すぐに子供を叱りつけるようなことはせず、まずは落ち着いて対処することが大切です。ここで、鍵紛失時の対処法について紹介します。

鍵を失くしたときは

自分の行動を振り返えさせる
子供と一緒に、これまでの行動を振り返ってみましょう。最後に鍵を見た時、鍵紛失に気づくまでの間に行った場所など、冷静になって考えると、場所の見当はつくものです。また、子供が通った道を探してみても良いでしょう。
身の回りを探させる
子供が鍵紛失をした場合、一度ランドセルや体操着入れなどを確認してみるのも大切です。教科書や体操服の隙間に小さい鍵が挟まっている可能性は十分ありますし、ランドセルの小さいポケットに入れている場合もあります。
警察に紛失届を出す
警察への届け出は親が率先してやるべきことです。実は、落とした鍵が原因の犯罪が多く発生しています。そのため、鍵紛失後にすぐに警察に紛失届を出せば精神的に落ち着きますし、届いた場合に連絡をしてもらえます。

鍵紛失したまま放置をしない~空き巣に狙われてしまうことも~

鍵とおもちゃの家

鍵紛失をすると合鍵を作って問題を解決させる人が多いですが、この解決方法は止めた方が良いでしょう。空き巣は鍵が一本あれば簡単に住所を割り出すことが出来るので、大事な家族や家を危険にさらす可能性があります。

空き巣犯に狙われる可能性アリ



鍵を紛失してそのままにしておくと、空き巣に狙われやすいと聞きました。住所も書いていないのにどうして分かるんですか?
空き巣が鍵から住所を特定できる大きな理由は、鍵を落とした人の顔を見ていることです。子供は特に注意力散漫なので、空き巣に狙われやすい傾向がありますし、通学路や公園など、普段足を運ぶ場所は限定されています。そのため、顔を覚えた後に待ち伏せ、尾行していけば簡単に家がばれてしまうのです。また、空き巣というのはスーツなど一般人と同じ服装をして狙いを定めた家まで行くため、周囲からも怪しまれることがありません。

防犯対策をするためにも鍵紛失をしたら鍵交換をしよう

鍵と家

鍵紛失をしたら、迷わず鍵交換も行なうべきです。防犯性の高い鍵を選べば、子供を犯罪から守れますし、家財道具などを失う心配もなくなります。さらに、実際に鍵交換をした人の声を聞けば、効果の高さが分かるでしょう。

鍵交換のメリット

ピッキング

鍵交換をすると、住宅の防犯性を高めることが出来ます。最近では鍵の種類も豊富で、空き巣がよく使う手口のピッキングが通用しない鍵も登場しています。そのため、鍵紛失時に同時に鍵交換をしておくと、犯罪に遭うリスクを減らせます。

交換をしてもらった人たち

合鍵だけでは不十分だと再認識させられました。(I.Kさん/男性)

以前鍵紛失をした時、合鍵があるからと鍵交換はしませんでした。でも、友人から「鍵を拾った人が勝手に家に入るかも」という話を聞いてから交換を依頼しました。シリンダーごと取り外したのですが、意外と費用は安かったです。

子供が鍵を失くした時に、鍵交換も依頼しました。(O.Uさん/女性)

小学生になる子供が鍵を失くしてしまったのですが、探しても見つからなかったので、防犯のためにも鍵交換をしてもらいました。初めての依頼で不安でしたが、業者の方は親切丁寧に作業をしてくれたので凄く満足しています。

TOPボタン